「インプラント」について

インプラントと言うのは歯の治療の1つとして用いられている方法で、簡単に言うと人工で作った歯を使い、入れ歯の様に簡単には取り外せなく、あたかも自分の歯の様に使えると言う画期的な治療法になります。

インプラントを使った治療には段階を踏んでいかなくてはいけません。
先ずは人工歯根(フェイクスチャー)と言うチタン製のネジみたいな形をした部品を顎の骨の中、元々歯があった所に埋め込む為に手術をする事になります。
この人工歯根が歯の土台となる為固定をさせなくてはいけません。
人工歯根が固定されるには、顎の骨と人工歯根が結合しなくてはならず、結合するまでに3ヶ月?半年ほどかかるそうです。
骨と歯根が結合したらアバットメントと呼ばれる連結部分を使用して人工歯根に人工歯を埋め込む手術をしたら治療は終了となります。
こうする事で入れ歯とは違ってしっかりと土台を作った上で歯を付けるので、元々有った歯の機能を取り戻す事が出来るのです。

そんな画期的なインプラントですが、インプラントの治療には保険が適用されない為に、費用が全額自費と言う事になります。
インプラント治療は比較的費用が高い治療方法で、歯医者によって費用が違いますが大体30?40万円位を1本あたりの費用の目安として考えて頂けたらと思います。
費用が高額な分、自分の歯の様に取り扱う事が出来ると言うメリットも有りますので、治療をする際にはよく考えた上で行う様にしてくださいね。.