癒し方

癒しとはかたい言葉でいえば下記になります。

新約聖書の日本語訳の中にイエス・キリストが人々を「癒した」という記述が何度も出てくるように、本来は宗教的な奇跡(奇蹟)的治癒を行う動作の意味で使用されており、「癒し」という名詞での使用はあまり一般的ではなかった。1980年代を中心とした「癒しブーム」以降に頻繁に使用される「癒し」という言葉は、宗教学や宗教人類学で、未開社会の暮らしを続ける人々の間で呪術医が、病に陥った人を治す悪魔祓いの行為について言ったものだという。上田紀行の『覚醒のネットーワーク』(かたつむり社 1990年)で、セイロンの悪魔祓いについての言及の中で使用されたのが、この言葉の今日のような用法での最初だという。こちらの意味では、なんらかの原因で、地域社会や共同体から、孤立してしまった人を再び、みんなの中に仲間として迎え入れること、そのための音楽や劇、踊りを交えて、霊的なネットワークのつながりを再構築すること、これこそが癒しだという。現在では、そうした言葉の出自が及びもつかないくらいの多様で、曖昧な用い方をされている。その用法のあらましに鑑みるに、ストレスやうつ病や自殺未遂傾向など、過度の緊張や慢性的な心的疲労を蓄積させている人に、さまざまな手法で、一時的、あるいは中短期的なストレス軽減のための手段を提供する行為、また手段、そのためのアイテムのさまざまなものを総称して、癒し、癒しグッズという言い方をしている。こちらでも、自分を取り戻す、自分の居場所、自分が拠り所とみなす人々の元にあることは同様の重要性を持っている。

よくわかりません。

癒しとは心を休める。安らげるという事です。そして、癒しの持つ力は心身ともに持続的・恒久的・継続的な安らぎの効果をもたらします。癒されればきっとストレスなく生きていけます。生きていればストレスは誰でも受け、たまっていくものです。それを取り除いてくれるのが癒しのちからだと思います。

では、

癒しとは実際どんなものか。

ここでは旅行やペットについて書いていきます。

ペットはきっと癒しになります。どんなに疲れていても家に帰れば大好きな犬が待っている。これはかなり癒されますね。猫でもいいのですが、ここでは犬としました。ペットはただの動物ではなく家族そのものです。見ているだけで・・・触れているだけで・・・一緒にいるだけで癒しになります。ペットは最高ですよね。今、ペットで人気といえばティーカッププードルや極小のチワワが人気です。なじみがないかもしれませんが、ようは小さくてかわいい犬ちゃんです。欲しい方はチワワの子犬販売が人気です。

他に癒しといえば、、旅行。

旅行はやはり、、ハワイでしょう。ハワイは常夏できっとストレスなんて忘れてしまいますよ。海が大好きで癒されたいという方はきっとハワイがいいと思います。そして、最近はコンドミニアムというものがはやっているのでそういったものも取り入れて是非楽しみましょう。癒しになること間違いなし。ハワイに行くなら、ワイキキ コンドミニアムハイアット裏さんがおすすめ。

旅行の話が出たので宿泊についても話します。いつもいつも同じところで生活するのもストレスの原因です。旅行はそういったところからも癒しにはいいと思います。遠くまでいけない方は近場でもいいので環境を変えてみるのもいいかもしれませんね。近場で安くて、泊まれるところに泊まるのもいいかもしれませんね。

癒しは自分発信で色々と出来ます。

旅行やペットだけに限りません。たまにはすべてを忘れて違う事に没頭することもいいかもしれませんよね。スポーツなんかもいいかもしれませんね。