リニアモーターカーの体験

みなさん、超高速で走行するリニアモーターカーに乗車してみたくありませんか。

リニアモーターカーのなによりの特徴は、超高速で走ることと言えます。
現時点で存在しているのは実験用の線路のみとなっております。そのため、試乗体験はできないのです。
しかしながら、実験で走っている姿を見学することは可能ですし、リニアモーターカーに関する技術を展示館などで知ることもできるのです。
リニアモーターカーは子供たちにとって夢の乗り物です。

リニアモーターカーの実用化に関して発表が行われてから、路線の周囲からは様々な関心が寄せられています。
ただ、リニアモーターカーが走っている最中は、まるでトンネルの中を通っているような状況と同じで、車窓の景色が高速に移り変わる様子は見れないそうです。
車窓を見れないというのは技術的な部分をつきつめた結果であって、この課題を解決することはたやすくないそうです。
リニア中央新幹線の計画では、実用化が2027年となっています。ですので、2027年まではリニアモーターカーに乗るという体験をすることはできません。
ただし、リニアモーターカーのしくみに関しては、様々な資料などをもとに学ぶことが可能です。

しかしながら、背景にあるいろいろな課題については、どの問題は非常に重要なことで、また一つの企業だけで解決できる代物ではないのです。
リニアモーターカーの計画に影響を及ぼしていることの一つに東日本大震災があげられるでしょうが、
日本の高い技術を広く世界に知らしめるためにも実用化を着々と進めていってほしいものです。
リニアモーターカーの実用化については、好景気のときであれば勢いよく進んでいたのかもしれません。しかし、現在の経済状況では国も資金を潤沢にあてることはできません。

日本のリニアモーターカーは国内で実現されるとは限らず、他国へ売り込みをかけることで実現することも考えられます。
時速500㎞という夢のような超高速を実際に経験できる日がくるのは、しばらく我慢ですね。
少しでもリニアモーターカーに乗車できる日が早くくるといいですね。