不動産取得税

不動産取得税は、土地・家屋の不動産を取得した際にかかってくる税金のことです。

税金を納める人は、不動産を取得した人となります。
納税額は課税標準額(不動産の価格)×3%で計算されたものとなります。

ただし、課税標準額について軽減措置などがある際には、軽減措置などを控除した後の額になります。

不動産取得税は、原則として不動産を手に入れた日から60日以内に申告するものです。

申告がされませんと、住宅などの軽減措置が受けられない場合もでてきます。

実際の納税については、都道府県から送られる納税通知書によって納税することとなります。